BtoBとBtoCのどちらが得意かを比較して選ぶ

BtoBとBtoCで考え方が違う

東京にはweb制作会社がたくさんありますが、選ぶときには自社のビジネスがBtoBなのかBtoCなのかによって決めるのが大切です。企業を相手にして訴求力があるウェブサイトにするのか、一般消費者を対象として利用してもらいやすいウェブサイトに仕上げるのかによってウェブデザインには大きな違いが生じます。また、ウェブの機能としてもECサイトにするのか問い合わせをしやすいサイトにするのかなど色々な方策があります。企業と個人ではサイトを訪れる目的も、訪問するきっかけも手段も異なることが多く、それに合わせた設計のウェブサイトに仕上げることが必要です。そのため、BtoBとBtoCのどちらのウェブデザインに長けているのかを見極める必要があります。

両方の場合には特に注意しよう

近年ではBtoB、BtoCと一言では分類できないような事業を展開している企業も増えてきました。一部の領域ではBtoBだけれど、別の領域ではBtoCを行っているということもあります。さらにはBtoBtoCといった形のプラットフォームサービスをしている場合もあるため、安直にBtoB向けのweb制作会社か、それともBtoC向けかという基準で判断するのが難しい場合も多いでしょう。このようなときに重要なのは一社で済ませるのか、複数社を使うのかを決めることです。両方とも一つのサイトにまとめるのであればどちらにも強いweb制作会社を探し出して綿密な相談をしていくことがほぼ必須になります。しかし、BtoBとBtoCのウェブサイトを切り分けて作るのなら複数社に依頼しても良いでしょう。